過活動膀胱の女性 年代別

MENU

 

女性の過活動膀胱について、年代別の記事をまとめました。10代、20代、若いのになど、それぞれの年齢による違いも。

過活動膀胱の女性 年代別記事一覧

 

過活動膀胱とは文字通り、過敏になった膀胱が常に尿を出そうとうながす病気を指します。症状は頻尿や切迫性尿失禁、尿意切迫感などがあり、過活動膀胱は立派な機能障害です。まず自分の意思でコントロールすることができません。この病気に罹ってしまうと、膀胱は尿に対して過敏なまでに反応を示して尿を排出しようと収縮します。そのため尿が溜まっていなくてもトイレに行きたくなります。しかし過活動膀胱の症状として真っ先に挙...

 
 

女性の過活動膀胱というと40代以上に多いと言われています。ただ、最近では30代などの若い方でも過活動膀胱になることが多くなっているそうです。その原因には出産による骨盤底筋の損傷や緩みの他、冷え、ストレス、便秘などがあげられます。今回の記事では、30代の女性の過活動膀胱の原因と対策についてまとめましたので参考にしてください。急に我慢できないほどの尿意が襲う、頻尿、夜中に何回もトイレに起きる、といった...

 
 

高齢の方に多いイメージの過活動膀胱ですが、最近20代の女性など、若い方にも増えています。過活動膀胱は膀胱炎とは違い、排尿時に痛みがありません。痛みなどの症状がない為にただトイレが近い悩んで病院に行けてないという方も多いでしょう。外出先や旅行中もトイレの場所が気になって楽しめないという方もいらっしゃいます。中には万が一の為に大人用のおむつを使用するかたもいらっしゃいます。年配の方に多いと思われがちな...

 
 

10代の中学生や高校生でもトイレが以上に近かったり、漏らしてしまったりということがあります。若い女性でも過活動膀胱になってしまうことがあるのです。過活動膀胱は膀胱が固くなりおしっこを貯められません。そのためにいろいろと困ったことになります。今回は、10代の女性の過活動膀胱の原因と対策をまとめました。10代の女性が過活動膀胱になる原因は、主にストレスです。10代は勉強や友人関係、恋愛などたくさんのこ...

 
 

過活動膀胱とは、急に我慢ができないほどの尿意をもよおす、トイレが近い、という症状が起こります。急にトイレに行きたくなり、間に合わず漏らしてしまうことがある、といった深刻な症状の人もいます。原因としては、神経のトラブルが原因の場合と、そうでない場合があります。神経のトラブルからくるものは、脳卒中や脳梗塞などの脳の障害、または脊髄の障害などの後遺症により、脳と膀胱の筋肉を結ぶ神経にトラブルが発生してい...

 
 

過活動膀胱は年齢とともに患者さんが増える傾向になります。高齢者の方の女性にも多く見られます。原因にはいくつかありますが、薬を飲んだり、骨盤底筋体操や膀胱訓練で改善していくことが可能です。今回は、高齢者の女性の過活動膀胱についてまとめましたので参考にしてください。寒くなってくると誰でもオシッコをしたくなるものですが、自然の尿意とは違って、頻繁に症状が発生する人も存在します。このタイプの人の中には過活...

 
 

頻尿や尿漏れなどのトイレのトラブルは年を重ねると増えていく傾向があります。女性の場合も骨盤の中の筋肉が弱っていくことや女性ホルモンの減少などで加齢とともに過活動膀胱になる方も多いです。今回は、そんな加齢による過活動膀胱の対処法と注意点をまとめました。夜中に何度もトイレに起きるという人は決して少なくありません。実際、頻尿や尿漏れといった過活動膀胱に悩む方がたいへん多くなっています。特に、こうした過活...