過活動膀胱の女性 薬についての知識

MENU

過活動膀胱は、急に我慢ができないような尿意、普段のトイレが近い、トイレまで我慢できないといった症状を指します。40歳以上の男女によく見られる症状で、特に尿道までの距離が短い女性には顕著にあらわれる症状です。
過活動膀胱になることでトイレが近くなるため、日常生活に支障を来します。日中ではトイレが近いことで移動時に制限が加わりますし、また尿漏れが気になって自由な行動を阻害しますし、また夜間の場合には、不意な尿意によって睡眠の邪魔になり、十分な睡眠を取れなくなることがあります。
過活動膀胱の治療では、薬物療法、膀胱訓練、骨盤底筋体操で、一般的には投薬で症状を抑えつつ訓練によって根本的な改善を目指すことになります。
薬物療法で投与される種類としては、排尿筋の不随意筋収縮運動を抑える抗コリン剤と、膀胱を弛緩させることで蓄尿機能を改善するβ3刺激薬が使われますが、一般的には抗コリン剤が中心です。
具体的な製品名としてはファイザー製薬ではデトルシトール、トビエースがあり、アステラス製薬ではベシケア、ベシケアOD、小野薬品工業ではステーブラ、ステーブラOD、キョーリン製薬ではウリトス、ウリトスODがあります。
いずれも皮膚科、泌尿器科で処方されるもので内服するもので、服用回数は1日1回から2回程度です。効果が薄い場合には濃度を調整されます。
これらによって過活動膀胱によって発生する急激な尿意を抑えることができますが、一方で頻繁な尿意というのもは習慣づけされることで、感じやすくなります。これらを訓練によって改善するのが膀胱訓練で、尿意を意識的に我慢することで、尿意を我慢できるようにします。また尿漏れの原因としては尿道を締める骨盤底筋の衰えが考えられます。このため骨盤底筋体操をすることで、尿道の収縮力を高めることができます。特に咳やくしゃみなど急激な腹圧の変化で発生する場合にも骨盤底筋体操は有効な治療法といえます。