レメディやホメオパシーで女性の過活動膀胱対策できる?おすすめは?

MENU

レメディやホメオパシーとは?過活動膀胱にも効果が??

 

レメディやホメオパシーは聞きなれない方もいるかもしれませんが、起源は古代ギリシャまで遡りますが、磁器で有名なドイツの医師が発見した療法です。

 

現代医療や漢方からは想像がつかないかも知れませんが、ホメオパシーは植物・鉱物・動物などの原材料を水や酒精で薄めます。

 

どんどん薄めて成分がなくなるほどに希釈します。

 

 

人の抱える不自然なパターンと適合している時は共鳴して、自然治癒力が高まりますが適合しなければ共鳴もしないし、なにもおこりません。

 

さまざまな物質を希釈して砂糖玉に染み込ませたもので、医学的に見ればただの砂糖玉で害はありません。

 

元となる物質の波動やパターンが刻み込まれていて、症状と適合します。

 

適合すれば自然治癒力があがります。

 

 

精神的なものイライラや不安、肉体的に不自然な、あらゆる症状に適合すれば共鳴します。

 

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、そうして体の不調を改善していく民間療法です。


ホメオパシーやレメディで過活動膀胱を治すには専門家に聞いてみよう

 

女性に多い過活動膀胱による尿漏れには、レメディやホメオパシーで共鳴すれば改善される可能性があると言われています。

 

フェイスブックに詳しく書いている方がいたので、参考に載せておきます。

 

この方も尿もれにいいとされるレメディを紹介しています。

 

尿もれにホメオパシーは効く?

 

 

 

害がないものですが、一度で共鳴し合う物質に出会えるわけではありません。

 

レメディの専門家のもとで試してみなければいけません。

 

通信販売でもありますが、適用書がないと購入できないものもあります。

 

最初は専門の人の支持を得た方がわかりやすいでしょう。

 

それ以外にも膀胱訓練や骨盤底筋もやっておこう

 

外出先でトイレを目にすると我慢ができなくなるほど行きたくなってしまう。

 

トイレの事を考えると外出も億劫になってしまう。

 

 

加齢やストレスで排尿の仕組みがうまく働かないで強い尿意や頻尿になってしまいます。

 

そんな時は、レメディやホメオパシーとともに膀胱訓練や骨盤底筋運動を試みてみるのもおすすめです。

 

椅子に座った状態、仰向けや立った状態で、膣を閉めたりゆるめたりする運動も効果があります。

 

骨盤底筋を鍛えるヨガポーズもあります。

 

全て動かしているところに意識をすることです。

 

日々の訓練に合わせて、自分の自然治癒力を高めるホメオパシーを取り入れるのもいいでしょう。

 

ストレスや不安がなくなるだけでも、体は自然な状態を保つことができるのです。