過活動膀胱にいい漢方薬を教えて!特に女性によいものはある?

MENU

女性の過活動膀胱の原因とは?

 

最近妙にトイレが近く頻尿だったり突然の尿意に襲われ我慢出来ない、咳やくしゃみをしたら尿漏れをしてしまったなどの症状がある場合、それは「過活動膀胱」が原因かもしれません。

 

老若男女関係なく発症するものですが、女性の場合だと加齢や出産により骨盤底筋という膀胱や子宮、尿道などを支える筋肉の力が弱くなったり傷んだりすることがあります。

 

そうすると排尿するためのメカニズムが上手く作用しなくなり過活動膀胱を引き起こすとされています。

 

過活動膀胱を疑う場合は放置せずに速やかに病院を受診し、きちんと治療を受けることが大切です。

 

治療法としては膀胱に関係する神経をブロックすることで頻回な尿意を防ぐ西洋医学の他に、漢方薬での治療も有効です。


女性の過活動膀胱に有効な漢方薬

 

漢方の場合は膀胱や尿道付近の機能や自律神経の働きを改善したり、泌尿器の老化防止にもなるため根本的な治療が可能となります。

 

何が原因となり過活動膀胱になってしまっているかによって効果的な漢方薬は異なって来ますが、女性であれば先に書いた通り骨盤底筋や骨盤底を構成する靭帯に問題が生じて発症している方も少なくないようです。

 

東洋医学ではこの状態を生きていくエネルギーが少なく脱力した「気虚」、血の巡りが悪く痛みのある「お血」と言います。

 

気虚を治療するためには「補中益気湯(ほちゅうえつきとう)」や「人参湯(にんじんとう)」、「六君子湯(りつくんしとう)」などの漢方薬が効果的とされています。

 

 

またお血には「桃核承気湯(とうかくじょうきとう)」や「加味逍遥散(かみしょうようさん)」、「桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)」などの漢方薬がおすすめです。

 

他にも脳や脊髄の機能低下により起こっている場合や、冷えが原因の場合もありそれらを改善する漢方薬も様々あります。

 

ただし人によって効果の善し悪しは異なる上、漢方は体質に合わないことも多く服用していて異常を感じた時には使用を中止しかかりつけの医師に相談してください。

 

過活動膀胱にいい漢方薬を教えて!特に女性によいものはある?