薬で治す 過活動膀胱の女性の治療法 抗コリン薬やβアドレナリン受容体作動薬

MENU

過活動膀胱は女性にとって深刻

 

過活動膀胱になると、自分で改善していくのは難しいことがあります。

 

そういった時には、病院へかかるのが一番です。

 

病院へ行くと、薬での治療と行動療法を行っていきます。

 

ここでは、よく使われる抗コリン薬とβ3アドレナリン受容体作動薬を紹介します。

 

また膀胱訓練や骨盤底筋体操などの行動療法についても軽く触れています。

 

 

 

昨今、多くの方の悩みとなっているのが過活動膀胱です。

 

 

「ついさっきトイレに行ったのにまた行きたくなった」

 

 

という経験をお持ちの方も珍しくはありません。

 

膀胱が小さい女性にとっては特に重大な悩みとなります。

 

 

 

過活動膀胱は基本的に自然治癒するものではないので、医師の診断を受けて治療していく必要があります。

 

薬を使った治療法があるので、出来るだけ早く診察を受けて処方してもらうのが改善への近道です。

 

過活動膀胱で悩む女性は非常に多いので医師に相談することは恥ずかしいことではありません。

 

ここでは、過活動膀胱によく使われる薬を2つ紹介します。


病院での治療に使われる薬

 

抗コリン薬

 

過活動膀胱の治療薬としてよく用いられるのは「抗コリン薬」です。

 

これはムスカリン受容体と結合してアセチルコリンの神経伝達を阻止してくれる働きがあります。

 

アセチルコリンの神経伝達が阻止されると、膀胱が異常に収縮することを防ぎます。

 

膀胱の収縮を止めると、膀胱の容積が一定に保たれるので頻尿を改善する効果が期待できます。

 

 

「抗コリン薬」には副作用として便秘や喉の渇きなどが発生することもあるので注意が必要です。

 

 

 

β3アドレナリン受容体作動薬

 

そこで最近になって使われるようになったのが「β3アドレナリン受容体作動薬」です。

 

この薬には便秘や口の渇きなどの副作用がありません。

 

効果も大きいので非常に優秀ですが、生殖細胞への影響がまだ研究段階であるため、中高年の方にのみ処方されています。

 

 

 

 

過活動膀胱を治療する際には治療薬と膀胱訓練を組み合わせることでより大きな効果をもたらします。

 

膀胱訓練とは言わば尿意を我慢する練習です。

 

家にいる時などはいつでもトイレに行くことが出来ますが、あえて数分我慢してから行く訓練をします。

 

すると膀胱が鍛えられることで過活動膀胱の改善が期待できます。

 

治療薬を飲みつつ、この膀胱訓練を繰り返すことで頻尿や尿もれを防ぐことに役立ちます。

 

ただ、あまり無理をしすぎると膀胱への負担が大きくかかってしまうので、適度なペースで我慢する練習を繰り返すことが重要となります。