過活動膀胱の女性 対策全般

MENU

女性の過活動膀胱ですが、年齢によって原因がハッキリと違うという事はありませんが年齢によって起こる可能性の高い低いという事はあります。

 

10代や20代といった若い時に起こりやすい過活動膀胱の原因になるのが心因的なものになります。
本来の原因としましては知覚が過敏となってしまっていて少量の尿が溜まったり、ちょっとした刺激で反応してしまったりする状態で自分の意思とは関係なく膀胱が収縮してしまいます。
若い世代だと思春期や新生活といったストレスが過剰に溜まったり、悩んだりしてしまう時期でもありますので一度失敗してしまったり、考え過ぎてしまったりする事が元で心因性になってしまう場合があります。

 

30代や40代にもなてきますと生活環境による原因の場合も増加してきます。
例えば水分の摂り過ぎ、カフェインの取り過ぎ、肥満、冷え性といった事が要因になったり、運動不足や加齢によね骨盤底の弱体化によって我慢し辛くなる事もあります。

 

50代以降になりますと、30代や40代の時の原因に加えて脳血管障害等のによる神経性膀胱によるものも多くなってきます。
女性ホルモンの減少によって筋肉量が低下して骨盤底筋がさらに緩みやすくなってしまうといった原因もあり、よく咳やくしゃみ
で漏れてしまうといった腹圧性尿失禁がそれにあたります。

 

これらの原因によって過活動膀胱が起こってしまいますが、対策としましてはまず水分を取りすぎないようにする事です。
実は適切な量ではなく水分を取りすぎてしまっているケースがありまして、行動療法でトイレのを我慢する時間を伸ばす膀胱訓練をする事も大事ですが排尿日誌を付けて適切な水分量を決める事も問題改善に重要になります。

 

また骨盤底が弱体化している場合は骨盤底筋体操が過活動膀胱改善に役に立ちますので毎日する事が重要です。
同じように刺激物やアルコールを控えたり、便秘や冷え性を解消したり、肥満を改善したりと生活習慣を見直す事も大事です。
医療機関では薬物療法も行なわれまして、上記の方法でも我慢できない場合は対処療法として行なわれます。