女性の過活動膀胱は完治する?治す方法がありますのであきらめないで

MENU

女性の過活動膀胱はあきらめずに対策を

 

近頃、以前よりもトイレに行く回数が増えてしまったという方や、我慢することができない事があるという女性は過活動膀胱の可能性が高いです。

 

過活動膀胱と言えば、加齢によって多くの方が見舞われるというイメージが持たれてしまっている上に、完治できないと考えて治療しない方が多いのが実情です。

 

しかし、そういった認識は過去のことで、今日では副作用のリスクが小さな薬が生み出されました。

 

それでも薬剤を使う事が怖いという時は、トレーニングで随分と調子が良くなります。

 

そのため、完治できないと諦めてしまうのではなく、しっかりと向き合って効果的な対策を練っていくことが大切です。


最近では過活動膀胱にいい治療薬があります

 

そこで、まずはなぜ自分が過活動膀胱になっているのかを知る必要がありますし、取り分けて女性の方が発症する確率が高い理由も知るべきです。

 

人体というのは、腎臓にて尿が生成されて膀胱に溜まるのですが、膀胱はまるでゴム製の風船のように伸縮性がある様子です。

 

つまり、本来は多量に溜めることができる上に、しばらく保持しておくことができるのです。

 

ところが、過活動膀胱はその名の通り活動が不必要に活発になってしまうことから、突然強烈な尿意を覚えてしまい時には間に合わないこともあるわけです。

 

 

女性ホルモンとも深く関係していることから、加齢によりホルモン量が減少してくると顕著になりますし、まだ排出されていないのに収縮してしまい漏れ出してしまうこともあります。

 

こうした厄介な過活動膀胱は、神経伝達物質が作用していることが関係しているので、薬剤を摂取することで神経伝達物質の働きを無効化させることが有効的です。

 

以前は服用後に喉が渇いてしまうという副作用がありましたが、今では改良されて変調が感じられることも無くなりました。


膀胱訓練や骨盤底筋体操も過活動膀胱対策によい

 

ただし、処方して頂くためには医療機関を受診しなければならないので、多忙な方などはすぐに手に入れられません。

 

症状がごく軽かったり、若い女性の場合は、過活動膀胱に効果があると言われている少し尿意を我慢するトレーニングを行い完治を目指すこともあります。

 

 

また、女性ホルモンの減少により弱くなった骨盤底筋を強くする体操で症状が軽くなることもあります。

 

これらは家でもできますので、試してみてください。