過活動膀胱?夜眠れずに寝不足・・・という女性のための対策

MENU

夜眠れない、過活動膀胱は夜もトイレが近くなることも

 

過活動膀胱で夜に眠れなくて悩んでいる女性もいるでしょう。

 

若い時には症状がなかったのに、40代になる頃から、夜中にトイレに起きたり、トイレが近くなったりする女性も多いです。

 

急にトイレに行きたくなったり、我慢できなくなることもあります。

 

 

女性は、更年期を迎える40代から50代にかけて、膀胱や子宮を支える骨盤内の筋肉も弱まり、老化が始まります。

 

その為に、過活動膀胱が起こることもあります。

 

 

尿意が近くなると眠れないなどの症状が起きて、寝不足になりがちです。

 

一度目を覚ましてしまうと、自律神経も乱れて寝つきが悪くなる人も多いでしょう。

 

 

特に女性は、ホルモンのバランスが乱れにより、頻尿になる傾向も高いです。

 

過活動膀胱の症状がひとい場合は、専門医を受診したり、対策として膀胱の筋肉を鍛えたりすることも大切です。

 


女性の過活動膀胱による夜間頻尿対策

 

それでは、夜眠れないという場合の対策をいろいろと上げてみます。

 

 

夜に神経が高ぶると自律神経の乱れも起きるので、夜はリラックスして水分は控えめにすることも対策になります。

 

 

 

病院で治療をうけて薬や漢方薬を服用するのも良いでしょう。

 

自分に合った方法を見つけて、症状を緩和させるように心がけることが大切です。

 

 

 

 

骨盤の運動を取り入れたりするのも効果的です。

 

毎日運動することで筋肉も鍛えることができます。

 

自分に合った方法を取り入れて、夜に長く眠れるようになることが大切です。

 

 

 

 

自律神経の乱れ、更年期障害が関係していることもあるので、詳しく産婦人科に行って調べてみることもポイントです。

 

自分が過活動膀胱で眠れないのか、診断してもらうことも把握しておくことが大切です。

 

 

 

ストレスが大きい時は、眠れない症状が続いたり、過活動膀胱の症状も悪くなるので、気をつけるようにしましょう。

 

 

 

 

40歳以上の女性では、過活動膀胱の人の割合も多くなり、症状に気が付くまで時間がかかる人もいます。

 

夜にトイレに行く回数が多くなった鯉、眠れないなどの症状がある場合は、対策を早めにとることも大切です。

 

治療を開始することで、夜に眠れない症状が緩和することができます。