過活動膀胱の女性 対策全般

MENU

 

過活動膀胱の女性のための対策を集めました。

過活動膀胱の女性 対策全般記事一覧

 

過活動膀胱で夜に眠れなくて悩んでいる女性もいるでしょう。若い時には症状がなかったのに、40代になる頃から、夜中にトイレに起きたり、トイレが近くなったりする女性も多いです。急にトイレに行きたくなったり、我慢できなくなることもあります。女性は、更年期を迎える40代から50代にかけて、膀胱や子宮を支える骨盤内の筋肉も弱まり、老化が始まります。その為に、過活動膀胱が起こることもあります。尿意が近くなると眠...

 
 

過活動膀胱の症状がある女性でも、治療や対策をしている方は非常に少ないと言われています。どこかが痛いわけでも、熱が出るわけでもありませんので、そのままにしておく方が多いのです。実際に病院へ行く方も、過活動膀胱の人口から言ってほんのわずかです。市販薬を飲んだり、骨盤底筋体操をしたりと自分で解決しようとして繰り返しているようなら、病院へ行ってみてください。今では、よい薬もあり効果がある方も多いようです。...

 
 

加齢と共に骨盤の筋力が低下し、頻尿や尿漏れで悩む女性が増えていますが、これは過活動膀胱という病気であり、40歳以上の女性に多く見られます。現代病といっても過言ではないくらい多くの人が症状に悩んでいますが、恥ずかしさから相談できず、なかなか病院にも行けずに症状が改善されないという現状が問題となっています。症状が改善できない大きな理由としては、「こんな大人が尿漏れしているなんてとても恥ずかしい」という...

 
 

過活動膀胱とは、文字通り膀胱がなんらかの原因で過剰に活動することによって、頻尿になったり尿漏れを起こしたり、急に我慢できないほどの尿意を覚えるといった症状がでる病気です。原因には神経因性のものと、非神経因性のものがあります。神経因性は脳と膀胱をつなぐ神経回路の異常によるもので、非神経性は膀胱や尿道を支える骨盤底筋の衰えによるものです。しかし、それ以外が原因のときもあり、原因がよくわからないときもあ...

 
 

過活動膀胱の女性は、ドライブや旅行などはトイレに行きたくなったときにすぐにトイレにいけない、精神的に不安だから旅行やドライブにいかないという悪循環に陥りがちです。そこで過活動膀胱の女性が旅行へ行くときにしておく対策をまとめましたので参考にしてください。まずは、旅行の際にできる対策ですが、精神的安定を得るために出かけ先のトイレの位置を確認しておきましょう。乗り換え駅でのトイレの位置などを把握しておく...

 
 

あまり公に対して相談できる内容ではないので、一人で悩みを抱え込んでしまうことが多いのが過活動膀胱です。誰にも話せずに一人で抱え込んでいるため、あまり患者数が多くないように感じられるのですが、実は症状に見舞われている女性はかなり多いと言われています。治療法としては真っ先に薬剤が思い浮かばれるのですが、身体のことを考えるとあまり使いたくないと感じる方が多いですし、期待していた効能が感じられないという方...

 
 

過活動膀胱になっても治療せずに我慢してしまう女性が多くなっています。いつか治る。。。と放置している方がほとんどなのです。実は、若い女性のストレスからのものやごく軽いもの以外の過活動膀胱は自然治癒しません。適切な対策で改善、完治を目指してください。過活動膀胱とは、何らかの原因によって排尿のコントロールができなくなることにより、膀胱に尿が少ししか溜まっていないにも関わらず、頻繁に激しい尿意を催してしま...

 
 

近頃、以前よりもトイレに行く回数が増えてしまったという方や、我慢することができない事があるという女性は過活動膀胱の可能性が高いです。過活動膀胱と言えば、加齢によって多くの方が見舞われるというイメージが持たれてしまっている上に、完治できないと考えて治療しない方が多いのが実情です。しかし、そういった認識は過去のことで、今日では副作用のリスクが小さな薬が生み出されました。それでも薬剤を使う事が怖いという...

 
 

女性の過活動膀胱は膀胱が過敏に働いたり、勝手に縮んだりするため、まだ充分に尿が溜まってないのに、急に尿意があって、我慢することができないという症状です。具体的には、尿意が急にある尿意切迫、トイレまでもたずに排尿してしまう尿失禁です。正確には切迫性尿失禁です。この症状に電気刺激治療が効果的です。過活動膀胱の原因は、男性の場合、前立腺肥大症になります。前立腺の肥大にともない、尿が出にくい状態になります...

 
 

女性の過活動膀胱で多いのが、頻尿と切迫性尿失禁です。これは女性ホルモンが減ることで膀胱が敏感になってしまい、結果として頻尿などに結びつくというものです。また、女性特有の原因として骨盤底筋の緩みもあります。骨盤底筋は年齢を重ねた場合、出産した場合に緩みやすくなり、過活動膀胱につながります。このため、骨盤底筋を鍛えることで過活動膀胱に対応することが求められます。鍛えるには骨盤底筋体操と呼ばれる、いわゆ...

 
 

ダイエットに良く使われるボトックス(ボツリヌス菌)ですが、女性がなりやすい過活動膀胱の治療薬としても有効です。ボトックスがどのように作用するのかというと、過活動膀胱では、本人の意志とは関係なく膀胱の筋肉が収縮してしまうために尿意が発生してしまう状態です。対してボトックスというのは、元々強い神経毒を持つボツリヌス菌から抽出されたタンパク質のことで、毒性が薄められているのですが神経伝達物質のひとつであ...

 
 

マラソンでは数時間に渡って走り続けるので、過活動膀胱の方にとってはどうしても尿意を催してしまうことがあります。特に女性の方は男性よりも膀胱の容積が小さいので、よりトイレが近くなりがちです。もちろん、病院に通って治療を受けることが長い目で見ればベストですが、週末にマラソンがあるといった差し迫った状況では治療がまにあいません。そこで出来る限り尿意が発生しにくい状態を作ることが大切です。マラソンではその...

 
 

過活動膀胱の女性が最も恐れるものと言えば、やはりお漏らしです。もし外出先でそうなってしまうと着替えることも簡単ではありませんし、何より精神的な部分への傷も大きなものとなるでしょう。しかしそうしたお漏らしに対して、何もできないわけではありません。しっかり対策を取って、少しでも過活動膀胱と上手く付き合っていけるよう努力してみましょう。まず気軽にできることとしては、紙おむつの着用です。特に若い女性には抵...

 
 

女性の過活動膀胱ですが、年齢によって原因がハッキリと違うという事はありませんが年齢によって起こる可能性の高い低いという事はあります。10代や20代といった若い時に起こりやすい過活動膀胱の原因になるのが心因的なものになります。本来の原因としましては知覚が過敏となってしまっていて少量の尿が溜まったり、ちょっとした刺激で反応してしまったりする状態で自分の意思とは関係なく膀胱が収縮してしまいます。若い世代...

 
 

近年、過活動膀胱と言う名前をコマーシャルなどで良く耳にするようになりました。急に尿意をもよおして我慢出来なくなる尿意切迫感や、昼間何度もトイレに行ったり、夜間に排尿のため目が覚めると言った頻尿、急に排尿をしたくなり漏らしてしまう失禁などの様々な症状があります。40歳を超えたころから見られるようになり、男性女性どちらにも症状は現れます。これらの原因は、脳と膀胱を繋ぐ筋肉にある神経回路に障害が起きると...