女性の過活動膀胱とその原因

MENU

 

女性の過活動膀胱の原因に関連する記事一覧です。女性特有の体のつくりから、過活動膀胱の原因は男性のものとは少し異なることが多いです。あなたの体をよく観察して改善に生かしてください

女性の過活動膀胱 その原因や症状記事一覧

 

過活動膀胱とは、膀胱が何らかの原因で過剰に活発化する病気です。ある調査によると、40歳以上の1割で過活動膀胱の症状を経験していることが分かっています。また50歳以下の場合、男性よりも女性に多く見られます。過活動膀胱にかかると、突然尿意が沸き上がってきたり、日中は頻回にトイレにいきたくなり夜間には尿意で何度も目が覚めたり、尿を漏らしてしまったりといった症状が現れます。この尿が漏れてしまう、いわゆる尿...

 
 

夜に何度もトイレに起きる女性は、過活動膀胱の症状が出ている可能性があります。日中にトイレに行く回数は5?7回、夜間は0回が正常と言われていますが、1回以上行きたくなるようであれば、過活動膀胱で夜間頻尿の疑いがあります。トイレが近くなってしまうことと、睡眠障害は関連があります。今回の記事では、夜トイレに行くことと過活動膀胱や睡眠障害の関係についてまとめます。よろしければ参考にしてください。

 
 

過活動膀胱とは、突然我慢できないほどの尿意に襲われたり、夜中に起きるほど頻尿であったり、ひどい人は突然の尿意でトイレに間に合わず漏らしてしまう、といった症状の病気です。今回の記事では、女性の過活動膀胱と女性ホルモンの関係についてまとめました。過活動膀胱の原因にはいろいろとありますが、多いのが筋肉の衰えです。実は筋肉が弱っていくのにも女性ホルモンの減少がかかわっています。

 
 

女性の過活動膀胱は年齢による骨盤底筋のゆるみやストレス、冷えなどからもおこります。今回は、その対策についてざっくりとまとめました。症状がひどく、毎日の生活がやりにくい場合は病院へ行って、お医者さんとともに改善策を考えることをおすすめします。過活動膀胱自体は命に関わるような病気ではありませんが、膀胱が過敏になって排尿筋が収縮してしまう病気です。冬など寒い時期だと年齢を問わずお手洗いに行くケースが増え...

 
 

最近、過活動膀胱に関するcmがテレビで流れているのをよく見かけます。症状は様々で、軽い頻尿を感じるものから、日常的に失禁してしまう重度の症状まであります。一般的に知られているのは、過活動といえば頻尿というイメージを持つ人が多いかもしれませんが、実際は多くの人、特に60歳以上の女性が漏らしてしまうことに悩んでいるケースが多く、恥ずかしさから誰にも相談できず病院へ行くこともできず、なかなか症状が改善さ...

 
 

自律神経失調症になったことで過活動膀胱にもなってしまったら…?自律神経失調症の症状もつらいものですが、頻尿や尿意切迫感、尿失禁など過活動膀胱になるとさらに追い打ちをかけられたような状態です。今回は自律神経失調症が原因の過活動膀胱についてまとめました。日常生活のなかでおしっこが近くなったり、尿漏れに悩まされたことはありませんか?膀胱の機能が何らかの原因で正常な状態ではなくなり、尿のトラブルを起こすこ...

 
 

トイレへ行く回数が増えた、急に我慢出来ないほどの尿意を感じるなどの症状は過活動膀胱の可能性が高いです。不要な老廃物と水分が尿となって膀胱にためられるのですが、膀胱は伸び縮みができる柔らかい筋肉で出来ています。健康な状態であれば、尿がたまると膀胱が大脳に合図を出すのですが、尿が少ししか溜まっていない状態で間違った合図が大脳に送られるようになると、それは過活動膀胱と診断されるのです。中高年に多く、日本...

 
 

仕事やデート、旅行などをしているときや、睡眠中にトイレに行きたくなることが多いので、何とかしたいと考えている女性は少なくありません。一般的な成人の膀胱には、200cc〜300ccほどの尿を溜められるので、およそ2時間程度は間隔が空く計算になります。150ccほどの量が膀胱に溜まると、軽い尿意を催し、250cc以上になると、すぐにトイレに行きたくなる人がほとんどです。トイレに行く回数の1日平均は、日...