過活動膀胱の女性 主な症状

MENU

 

女性が過活動膀胱になった場合に見られる症状はどんなものでしょうか?切迫性尿失禁や頻尿、急な尿意などがあります。他の排尿痛や残尿感などとは関連があるのか?など症状に関係する記事をまとめています。

過活動膀胱の女性 主な症状記事一覧

 

女性にとって多くの人が悩んでいる事の一つに、尿の疾患があります。尿が漏れる、排尿時痛みがある、勝手に尿が出てきてしまうなど、色々症状はあります。過活動膀胱は、膀胱がいっぱいなる前に、ちょっとの量でも尿意を感じてしまう、トイレが我慢出来ない状態が、頻繁に起こる症状で、女性が特に、起こしやすい疾患でもあります。原因は色々あるのですが、女性はホルモンバランスが乱れる事が多いので、それによって自律神経など...

 
 

日本では、40歳以上の8人に1人の割合の患者数がいるとされている過活動膀胱は、神経で起こったトラブルが原因の神経因性のものと、神経とは別の原因で起こる非神経因性の2種類があります。神経因性のものでは、パーキンソン病などの脳に障害を与える病気や脳梗塞、脳卒中といった脳の血管障害、脊髄を損傷した際の後遺症などによって、脳から膀胱へとのびる神経回路が傷ついてしまったために、脳から送られる排尿に関する指示...

 
 

膀胱の病気は過活動膀胱以外にもいろいろあります。女性がよくかかり、よく知られているものには膀胱炎がありますね。さて、トイレが近く、下腹部に痛みがある場合は何の病気なのでしょうか?基本的に過活動膀胱で痛みは出ません。他の病気の可能性がありますので病院へかかるようにしましょう。女性で頻尿の場合、過活動膀胱を疑うことがありますが、痛みの症状がある場合は間質性膀胱の可能性があります。間質性膀胱は尿を我慢し...

 
 

過活動膀胱とは膀胱が過敏になってしまったために、少しでも尿が溜まったらすぐに排出しようとしてトラブルを引き起こしてしまう病気です。この病気がもたらす状態は頻尿と似ていますが、過活動膀胱の場合は頻尿とともに困った症状をもたらします。その症状は大まかに分けて3つあり、1つ目の症状が「尿意切迫感」と呼ばれる状態です。唐突に漏れてしまいそうな尿意を感じ、我慢できなくなる感覚を指します。あくまで感覚なので身...

 
 

過活動膀胱になると尿失禁や尿意切迫感の症状が出ます。尿失禁には主に2種類あります。急に尿意を催してトイレに行こうとしても間に合わない、そんな症状を切迫性尿失禁と言います。過活動膀胱の女性の60%以上の人が悩んでいる症状です。失禁には他に、腹圧性尿失禁というものもあります。咳やくしゃみをしたはずみに起こってしまう失禁です。中高年の女性に多くみられ骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることによって尿道の「...

 
 

女性の中には頻尿で悩む方が多くいます。そんな頻尿の原因は様々です。尿路感染症や膀胱炎によるもの、過活動膀胱によって生じるものがあります。これらは関連しているのでしょうか。確かにどちらも頻尿という同様の症状がありますが、原因は違います。ではそれぞれの原因や症状を解説します。

 
 

過活動膀胱とは、最近トイレの回数が多くなった、我慢できない尿意があるといった症状のことです。尿が少ししかたまらない状態で、間違った合図が大脳に送られることで、膀胱が過剰に活動して、収縮してしまうため、急に尿意を感じて漏れそうになってしまいます。女性の場合には、更年期になると、女性ホルモンが減少してしまい、膀胱の過敏性が増して、原因もないのに膀胱が収縮してしまい、失禁してしまう場合もあります。膀胱は...

 
 

残尿感とは、膀胱に尿が残っていないにもかかわらず尿が残っている感覚がある症状であり、残尿は膀胱に尿がたまっている状態を指します。残尿量は数ミリリットルから10ミリリットル程度が残るのが自然であり、50ミリリットルも残るような状態は治療の対象となります。残尿量は女性の方が男性よりもかなり少ないことが指摘されており、残尿量の多さが過活動膀胱の治療と関係するようになります。残尿が多いままだとそのたびにト...

 
 

女性は加齢とともに女性ホルモンが減少し、更年期を迎えます。女性ホルモンには自律神経を整えることで体温調節をしたり感情をコントロールしています。また、身体の様々な機能を正常にする作用があるため、減少することで様々な更年期障害が現れやすくなります。人によって症状や程度は異なりますが、代表的なのがのぼせや情緒不安定、倦怠感です。これは自律神経を整えていた女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少すること...

 
 

排尿は日中で5〜7回、睡眠時は0回が一般的に正常範囲と言われているものです。急に我慢できないような尿意が起こる、トイレがとても近い、トイレを我慢できずに尿漏れを起こしてしまうなどの排尿障害が起こる症状を過活動膀胱と言います。排尿は尿道括約筋がゆるみ、膀胱排尿筋が緊張することで尿を排出する仕組みです。正常な場合には自分の意図した時に排尿することが可能なはずなのです。

 
 

生理前になると体にいろいろな変化が現れます。女性なら生理の前に気分が沈んだりイライラしたり、体が重くなったりしますよね。これはホルモンが関係しているのですが、過活動膀胱にも影響を与えることがあります。今回は、過活動膀胱と生理前の女性についてまとめましたので参考にしてください。生理は女性の体に様々な変化をもたらします。生理前に起こるイライラや吹き出物などはよく知られていますが、過活動膀胱の症状にも変...

 
 

女性の過活動膀胱の症状で、水の音を聞いたり水に触ったり、トイレを想像するだけでトイレに行きたくなってしまうものがあります。ひどいときには間に合わず失禁してしまうこともあります。こんなつらい症状はなぜ起こるのか、どうやって改善していくのかまとめましたので参考にしてください。昼間に何度もトイレに行く、夜中に何度も尿意で起きてしまう、外出先ですぐにトイレの場所ばかり探してしまう、水の流れる音を聞いただけ...

 
 

過活動膀胱は、日本臨床内科医科によれば国内に患者が約810万人いると推定され、尿意切迫感や尿失禁、頻尿などの症状に悩まされています。過活動膀胱の代表的な症状である尿意切迫感は、過活動膀胱の主な原因とされる脳と膀胱の神経回路の伝達異常により膀胱が勝手に収縮活動を開始してしまう為に急激な尿意を感じてしまう病態であり、失禁してしまう病態もあります。失禁は、腹圧性尿失禁と溢流性尿失禁、切迫性尿失禁の3つに...

 
 

トイレに行って排尿したのに、またすぐに行きたくなる、これって過活動膀胱かしら?と思った人は、チェックシートがあります。重症度も判定できますので、まずは自己チェックしてみましょう。質問は全部で7つあります。まず最初の質問は、この1か月の間にオシッコをした後に、まだ残っている感じはありましたか?というものです。全くないが0点、5回に1回より少ない頻度でありが1点、2回に1回より少ない頻度でありが2点、...

 
 

血尿が出る時には、いくつか原因があります。まず、細菌感染が原因で起こる、膀胱炎によるものです。膀胱炎によって、炎症が起きた状態になると、膀胱自体が過敏になり、尿があまりたまっていなくても、尿意を感じ、頻尿の症状が現れます。さらに、炎症が悪化した状態になると、尿が白っぽくなる膿尿や、血尿が出ることもあります。また、細菌感染ではなく、ウイルス感染による、出血性膀胱炎によって、血尿が出ることもあります。...

 
 

残尿感とは、膀胱に尿が残っていないにもかかわらず尿が残っている感覚がある症状であり、残尿は膀胱に尿がたまっている状態を指します。残尿量は数ミリリットルから10ミリリットル程度が残るのが自然であり、50ミリリットルも残るような状態は治療の対象となります。一方、残尿量は女性の方が男性よりもかなり少ないことが指摘されており、残尿量の多さが過活動膀胱の治療と関係するようになります。残尿が多いままだとそのた...